原材料の採掘等により会社を留守の際は留守番電話・FAXにご伝言ください

砥の粉の使い方 砥の粉の製造工程 砥の粉の種類と販売 倉本砥之粉事業概要 倉本砥之粉トップページ
 
砥の粉製造工程
標準砥の粉の製造工程
砥の粉原料写真
各色の山から原料を採掘

砥の粉原料写真2
原料と水をトロミルへ注ぎ込む

砥粉トロミル写真
トロミルで約10時間回転させ液状にする

水簸し砥の粉を取出
水簸し砥の粉を取り出す

砥の粉を乾燥させる1砥の粉を乾燥させる2
水分が完全に無くなるまで自然乾燥させる

砥の粉のろ過
120メッシュの金網に通し細かな粒子のみ取り出す


砥粉の袋詰め写真
袋詰めして商品にします



胴搗き製法「砥の粉」の写真 トロミル(回転すり潰し)の機械を使用せず、昔から行われてきた胴搗き(どんつき)の製法を日本で唯一取り入れた工程で生産。そのため、粒子の形状が標準砥の粉の丸い粒子だけでなく無限無数の角ばった形態の粒子(砥の粉)を250メッシュの金網を通過させ集めた砥の粉です。
 
  特注砥の粉は原料に対する回収率が20%と標準砥の粉の回収率95%に比べ極端に悪いものの、特注砥の粉の角ばった粒子は丸い粒子よりも木材の多孔質への接着がよく、はがれにくく、漆塗下地のヘラ延び及び表面仕上がり等の違いがあります。その為現在も以前からお使いの職人さんからの注文はとぎれません。

製造方法
回収率
最大粒子径
粒子形状
特注赤砥の粉
20%
250メッシュ
無数の形態
標準赤砥の粉
95%
120メッシュ
丸い形態


京都山科特産砥の粉製造販売 倉本砥之粉

(C) 2006 Kuramoto Tonoko All rights reserved.